舜天王統 英祖王統 察度王統 尚巴志王統 尚円王統 尚 真 ホーム 尚 寧 尚 賢 用語解説

ちゃんぷるーHOME














































































年表による琉球王朝時代に行われた聖地巡礼儀礼は琉球開闢の祖 阿摩弥 姑(アマミキユ)を起源として始まったものだが意味や背景を知るには、おもろさうしを知ると王朝の意味が出てくる。


琉球年表による歴史


(王統・王・名・名即位年・西暦・在位年)


開闢神(かいびゃくがみ)阿摩弥 姑
   300年 永康一年

阿摩弥 姑(アマミキユ)一族、琉球に渡り住みて祭祀・農耕儀礼稲作始まる。創始者。



琉球歴史神話の初代王
           天帝子
              西445年~丙午

608年推古16年、中国朱寛琉球に渡来後隋書琉求国伝.記す。753年天平勝宝五年中国の艦真南島に漂着



天孫子王
              ~西1186年まで

西445年~丙午西1186年まで25代(742年間)続いたとされる伝説の王。宋史琉求伝によると、琉求常に数百隻を率い中国、泉州、水漢頭等へ押しかけ海賊的行為を起こしたとある。



利勇王                 (天孫子~利勇 西1186年)

天孫子25代目のとき逆臣利勇なる者が王を弑してみずから王となったとされる伝説の人物のちに舜天に倒される



舜天王統(一代)王名:舜天(一代目) 即位年1187年文治3年 在位年51

仁安元年(西1166年=宋代 乾道2年)丙戌降誕、尊敦15歳浦添按司(伊祖)、22歳王位即位、利勇を討って王位につく、源為朝の子とされる人物。いろは文字始まる。徳高く年豊、民治まる。

上にUP



舜馬順煕
(二代)       1237年 歴仁元年       在位年11  文治元年(西1185年=宋代 淳煕12年)乙巳降誕、舜天第一子、54歳即位          



義本       (三代)              1249年 建長元年       11             

天久3年(西1206年=宋代 開禧2年)丙寅降誕、舜馬第一子、44歳即位、明年より大飢饉、悪疫流行、人民半死、天地異変、時世、英祖を摂政とし王隠遁す。諸島、国人税絶え、民苦しむ



英祖王統 (五代90年)              英祖   (一代)1260年 文応元年 在位年40             

寛喜元年(西1229年=宋代 紹定二年)己丑降誕、大里天孫子(利勇 西1186年)神話の初代天孫子王統の後裔恵祖世主(浦添按司)の嫡子、浦添城(中山)城主。

琉球国人税服す。経界を正し伊田の法を用う、僧侶、禅艦漂着、初の仏教の伝来、極楽寺の建設、極山に墓を造る。久米、慶良間、伊平屋、奄美大島、初めて入貢す、

1267年泊御殿建立、元(中国)、琉球を招引するも不従す。

1296年中国の元軍の襲来により奮戦、元軍敗れ去る。                  UP上に


大成       (二代)              1300年 正安2年       在位年9       

宝治元年(西1247=南宋 淳祐7年)丁未降誕、英祖の子、54歳即位、国治まり安泰する。         


                                                     

英慈(嶧岻)       (三代)     1309年 延慶2年       在位年5       

文永5年(西1268年=南宋 咸淳4年)戊辰降誕、大成王第二子、42歳即位、大成に続き世を治める   


                                                                                   

玉城       (四代)              1314年 正和3年       在位年22     

永仁4年(西1296年=元貞2年)丙申降誕、英慈王第四子、19歳即位、政道崩れはじめる諸按司乱れ、三山南山・中山・北山対立し戦乱勃発、戦乱止まず。諸島貢絶、民苦しむ。

                        


                                             

西威       (五代)              1337年 延元2年       在位年13     

喜歴3年(西1328年=元 致和元年)戊辰降誕、玉城王第一子、10歳即位、母后政をとり賢者退く、西1349年王薨去に際し、太子を廃し、浦添按司、察度堆戴せらる   


察度王統(二代56年)察度〈一代〉       1350年 正平5年       46             

元亭元年(西1321年=致冶元年)辛酉降誕、徳厚く民服す。国王中山王・居城浦添城を首里城に移したとされる。ビン人三十六姓の始め。支那留学に始め。朝鮮高麗朝や李朝との交易。

西1372年、中国=明朝帝の大祖招諭し察度始めて入貢し、明朝に通じ従属、宮古八重山入貢治め。

1375年李浩来琉、鉄釜持参。

1380年南山王、承察度明へ入貢す。

1382年弟、泰期明へ入貢す。

1383年北山王怕尼芝明へ入貢す、亜蘭砲入貢してじ鍍金銀印を受ける、南山入貢す、明帝三山に停戦の詔。

1384年頼重法師入滅と伝わる。

1385年明帝、三山に海船を与える、南山、北山鍍金銀印を受ける。波の上護国寺建造                       上にUP        


  

武寧 (二代)              1396年 応永3年       在位年10     

正平11年(西1356年=冶平6年)丙申降誕、応永3年(1396年)41歳即位

察度王の世の子、

1404年冊封使はじめて来琉。シャム船渡来、公易始まる。日夜淫蕩、諸按司朝せず、武寧、閹者を明帝に献じて斥けられる。佐敷小按司(尚巴志)により武寧亡ぼされる。(南山王)承察度死に汪応祖継ぐ。


尚巴志王統(7代64年)              尚思紹    (一代)              14

06年 応永13年    在位年16      生年不詳、佐敷按司にして鮫川大主の子、尚巴志の父。尚巴志、武寧王を伐し、父を王位(中山王)に即かし、巴志は佐敷城にあり。1407年尚思紹冊封をうける。南山の内紛、足利義持尚恩紹に返書。

1416年北山滅亡する。

1417年国相懐機、明に行く。

1421年尚恩紹死に尚巴志継ぐ

上にUP



尚巴志
(二代)              1422年 応永29年    在位年18     

建徳3年(西1372年=明 洪武5年)王子降誕31歳佐敷城を守る、大里按司を伐ち後に中山王武寧降ずる時に33歳、父思紹を中山王となす。

1422年北山王擧安知を亡ぼし次子尚忠北山城監守となす。本土との交通復活、

1424年下天妃廟を建てる。

1427年尚巴志、皮弁冠服を与えられる。安国山に華木植える。

1428年柴山「中山」の額を献ずる、建国門を建てる。

1429年尚巴志、南山を亡ぼし全島を統一する。

1430年明帝から尚姓を与えられる。柴山大安禅寺を建てる。

1431年巴志、朝鮮と通商活発になる。

1432年柴山、干仏霊閣                                                                                                                                        


            

     〈三代〉       1440年 永享12年    在位年5       

元中8年(西1391年=明 洪武24年)辛未降誕、今歸仁城監守、尚巴志の第二子也。50歳即位。島津忠国、足利義教から琉球を与えられたと伝わる。

1444年尚忠死に恩達継ぐ                        

             


尚恩達   (四代)       1445年 文安2年       在位年5       

応永14年(西1408年=明 永楽6年)戊子降誕、尚忠王の子、38歳即位。

1449年細川勝元琉球使船の商品を押収する。中国人芥陰来琉する。

1450年恩達死に金福継ぐ(尚恩達には子が無く)尚巴志王の第六子にして恩達王の叔父也

               


                                                                                  

尚金福   (五代)       1450年 宝徳2年       在位年4       

応永5年(西1398年=明 洪武30年)戊寅降誕、、53歳即位、1450年芥隠(臨済宗)渡琉、朝鮮人、大島に漂着。長虹提を築く、那覇ー安里間の海中道路を作る、天照大神を祀る、

1453年金福死に志魯が継ぐも叔父の布里(金福弟)と権力を争い奪戦となる。道安朝鮮に使する。                                                              

                     


                                                                            

尚泰久(六代)              1454年 享徳3年       在位年7       

応永22年(西1415年=明 永楽13年)乙未降誕、尚巴志王の末子也、泰久中山王となる。

1456年朝鮮人、久米島に漂着。

1458年越来王と称す。護佐丸、阿摩和利の策略にて討たれる。永代院を創建、王仏教を信じ多くの寺を建立、広厳寺、普門寺、天竜寺を建てる臨済宗の始祖。

1459年金丸(尚円)、御物城御鎖側に任ぜられる。

1460年泰久死に尚徳継ぐ                                      

                                                                                                               

                                                                                                               


尚 徳 (7代)              1461年 寛政2年       在位9

喜吉元年(西1441年=明 正統6年)辛酉降誕、泰久王の第三子、

1463年マラッカへ遣使、朝鮮人、宮古へ漂着。

1466年鬼界島に遠征し伐つ、琉使足利義政に謁して総門外で鉄砲を放った

。1468年金丸隠退する。八幡宮の創建、酒色好王勇気に富み賢臣退く、国人世子を殺し金丸を迎う。尚徳死に、(金丸)尚円王位に上がる。                                                                                                 

                


                                                     

尚円王統(19代410年)尚 円  (初代)1470年 文明2年 在位7

 応永22年(西1415年=明 永楽13年)乙未降誕、伊是名諸見出身、英祖王の後裔、徳高く民服す、尚泰久王代の内間地頭職鎖之官たり56歳に即位、金丸と称す。1471年足利義政、島津氏に渡琉船取締りを命ずる。

1472年尚円、冊封を受ける。明への進貢、ニ年一貢の交易に制限される。

1478年尚円死に宜威 継ぐ、堺 遣明船の出入り港となる。王妃(おぎやか)尚眞王遣第三子昭威監守康煕四年七世                    

   尚宜威より上にUP


                        

尚宜威(二代)              1477年 文明9年       在位年6ヶ月              永享2年(西1430年=明 宜徳5年)庚戌降誕、尚円王の弟、即位の時尚真12歳。(3代目尚真の母おぎやかと神女(ノロ)の策略により退位させられ臣位に退き越来に隠れる)。おぎやかの実子、尚真即位する。朝鮮人八重山に漂着して送還され見聞記残す。                                                                                                 



尚 真    (三代)       1477年 文明9年       在位年50 寛政6年(西1465年=明 成化元年)乙酉降誕、尚円王の子12歳にて即位、(母おぎやかの策略により神女(ノロ)の口を借り尚宜威を王位から落として実子を王位に就かす)。正妃(尚宜威の娘)居仁。妃、恩戸金按司加那志。

1479年尚真冊封を受ける。天資明敏、武器撤廃、殉死を禁ず、中央集権の断行、

1480年足利幕府琉球の来貢を促す。

1486年恩納親方、八重山へ派遣される(赤蜂の乱)。

1490年バタニとの交流始まる。

1492年円覚寺建立、

1494年円覚寺宗廟を建てる。

1497年円覚寺巨鐘鋳造する。

1498年円覚寺に石橋と池端を造る1500年八重山赤蜂の乱

1506年明への進貢、一年一貢許される。

1522年与那国鬼虎の乱                                                                                    UP    尚 清上に         



尚 清(四代)              1527年 大永7年       在位年29 

明応6年(1497年=明 弘冶10年)丁巳降誕、尚真王第五子で妃、恩戸金按司加那志の子、31歳即位、

1532年おもろそうし(歌集)第一巻編集、

1534年陳かん冊封使として来琉。1537年大島征伐、与湾大親を討つ。

1546年首里城東南拡張し継世門(赤田御門)を創建する。伊江照太寺建立、

1541年最後のパタニ交流。

1553年やらざ森城築造、那覇港に砲台を築く

1555年尚清死に尚元継ぐ                                                                                



尚 元    (五代)       1556年 弘冶2年       在位年17 大永8年(西1528年=明 嘉靖7年)戊子降誕、尚清王の子、王即位前に王位継承問題起こる。

1557年中国人を送還す。

1562年冊封使渡来(和こうのため遅れる)

1571年大島を征服し中国人を送還す。

1650年、向象賢、中山世鑑(歴史書)を著す。

1572年尚元死に尚永継ぐ                                                                  

             


尚 永    (六代)       1573年 天正元年       在位年16     

弘冶5年(西1559年=明 嘉靖38年)乙未降誕、尚元第二子、

1574年薩摩に遣使、島津威圧的態度をとる。

1579年(首里の額)を替え守礼之国の額が掲げられる。(守礼之国の額は大東亜戦争で焼失したが戦後1958年11月復元された)冊封使渡来。薩商圧力的と報ず。

1583年宮古上布の始まり。王薨去の年、豊臣秀吉琉球を紹論す。

1589年尚永死に尚寧継ぐ島津統治下摂政とし琉球藩主となり進貢交易だけの琉球国王となる。尚豊以降島津に対して国司となる。


尚 寧    (七代)1589年 天正17年 在位年32 永禄7年(西1564年=嘉靖

43年)降誕、尚真王の長男尚維衡の曾孫、

1589年秀吉琉球に参例を求め琉使上洛する。

1592年、謝名一族謀叛、亀井征琉を計る。秀吉琉球に賦役を課する。

1597年平良橋を石橋とする。

1598年豊臣秀吉が伏見城で没す(62)

1602年琉船奥羽に漂着し送還される。

1604年島津義弘、琉球王を問責する(漂着船のお礼と新江戸幕府へのお礼と貢物)。

1605年野国総官により福州から甘藷もたらす。

1606年島津義弘琉球を介して対明貿易に動く、島津家家康より征琉を許される。

1609年、島津百隻余の軍船と約3000の兵を琉球にさしむけ大島に続いて琉球制圧

す。尚寧捕虜となり鹿児島へ

1611年尚寧解放し佐敷王子朝昌(尚豊)人質になり後、人質代わり尚豊摂生となる。仕上世座(しのぼせざ)奉行置く(島津への貢納役所)

  尚豊上にUP                                  


                                                                           

尚 豊(八代)              1621年 元和7年       在位年20 天正18年(西1590年=万暦18年)庚寅11月13日降誕、尚永王の弟金武王子尚久の四子、 

1621年尚豊、就位する。(以後王の就位や三司官に島津の承認を求める慣例となる)

1622年五年一貢許される、八重山の宮良親雲上(みやらぺーちん)切支丹嫌疑で梵殺される。

1623年おもろそうし第3巻以下編集される。儀間真常ビン州より製糖法を伝来、砂糖生産す。

1625年算用座おかれる。(歳出入役所)

1627年首里城南殿建てる。

1631年在番奉行の駐在はじまる、薩摩問屋置かれる。

1632年泊如竹来琉する(学者)、久米島紬のはじまり。

1633年、明二年一貢に 

1636年、年総山奉行、異国奉行置く 王号廃止国司となる。

1638年在番奉行置く、明国情勢悪化のため貿易困難となる。             

                                    


                                                                           

尚 賢 (九代)              1641年 寛永18年    在位年7         寛永2年(西1625年=天啓5年)乙丑9月15日降誕、尚豊王第三子、17歳に尚賢就位、

1644年烽火の制定められる。

1645年弘光帝招論する島津明の遺臣に応援を約束する。砂糖欝金(うこん)専売制。1646年肆釧が招論する、清帝に朝貢す。

1649年、清帝への貢使帰途山川港に漂着する。明と清との争あり冊封受けず。             

  尚 質上にUP                             


                                                                                

尚 質 (十代)              1648年 慶安元年       在位年21 寛永6年(西1629年=崇貞2年)乙乙8月15日降誕、尚賢王弟、尚質就位、

1650年向象賢、国史「中山世鑑」編纂せらる。

1651年薩摩から進貢について令達する。

1652年世祖(清)の使が来る、向象賢、羽地総地頭になる、本部、美里両間切創立。1653年明朝からの国印を清に返上する。

1654年農民の農村緊縛令、具志川王子(尚亭)摂政になる、石辻の道を開く。

1655年当馬間銭(鳩目銭)を鋳造する、異国奉行を置く。

1656年八重山に漂着した中国人を鹿児島に護送する。

1658年向象賢、年頭使として上国する、平良大名の道修理。

1666年、向象賢、摂生となる          

                                                       


                           

尚 貞(十一代)1668年 寛文9年              在位年41正保2年(西1645年=淳治2年)乙酉12月6日降誕、尚質王の第1子、25歳尚貞就位、

1669年向象賢、開墾その他について令達する。

1670年諸士に系図の提出を命ずる。

1671年首里城の改修終り、瓦葺となる。平田典通、清に渡り陶法を学ぶ。

1673年向象賢、領城慰みその他について令達す、向象賢口上覚を出す、首里城の北の路を開く。

1674年陳応昌、琉球に硫黄求める。

1675年向象賢死ぬ

1677年金城橋を石橋とする、啓文二通をもって中国に渡る。

1678年接貢船の制定例になる。1680年伊江島に異国船が漂着する 


                                 

尚 益 (十二代) 1710年 寛永7年              在位年3         廷宝6年(西1678年=康煕17年)戊午10月25日降誕、尚貞王の嫡子、尚純の長子也、父尚純は父王に先立ちて薨じ王33歳の時祖父の跡を継ぐ。元禄7年(西1694年=康煕33年)甲戊11月26日大婚時に歳17、妃15歳。

1710年尚益就位、蔡温、清から帰琉する。江戸上がり(玉城朝薫通詞)

1711年蔡温、世子(尚敬)の侍講となる、混効験集編集される。

1712年尚益死ぬ、王族の尚を向に改める。                                                              

                                      


                 

尚 敬 (十三代)1713年 正徳3年              在位年39 元禄13年(西1700年=康煕39年)庚辰6月19日降誕、尚益王の第1子、14歳に即位、享保元年(西1716年=康煕55年)丙申9月26日大婚、時に年17、妃12歳。

1713年尚敬就位、琉球国由来記できる。

1714年程順則、江戸に上がる。

1715年首里に市場が開かれる。程順則、久米村総役となり三司官座敷に列なる、比嘉乗昌、堆錦法()によって王譜より賞される。

1716年蔡温、末吉地頭、正議大夫、申口座(内閣に相当)に任じ渡清請封。

1718年明倫堂を創建する。

1719年尚敬、冊封を受け、蔡温、評価に活躍する、組踊はじめて上演される


尚 穆(十四代)       1752年 宝暦2年       在位年43 元文4年(西1739年=乾隆4年)己未三月26日降誕、尚敬王の世子也、14歳即位。宝暦4年(西1754年=乾隆19年)甲戌9月29日大婚、時に歳16、妃15歳、

1752年尚穆就。

1756年尚穆冊封受ける。

1757年蔡温自叙伝書く。

1758年蔡世昌ら、国子監に留学する。

1761年蔡世昌ら、国子監卒業する。

1766年位田地奉行総横目を置く、蔡温没す。

1777年薩摩に漆器の法を伝える。

1781年中山伝信禄仏語訳される。

1782年蔡世昌、進貢使として清に渡る。1786年科律、糾明法条例制定される。


尚 温 (十五代)       1795年 寛政7年       在位年8         天明4年(西1784年=乾隆49年)甲辰2月1日降誕、尚穆王の世子尚哲の子也、父早世し、12歳に即位。寛政11年(西1799年=嘉慶4年)乙未3月19日大婚、時に歳16、妃15歳、1795年尚温就。

1797年蔡世昌、国師になる。管生二人を首里から選出することに決定する。

1798年管生騒動、国学創立、平等学校建つ。

1800年尚温冊封受ける。

1801年公学校所、新校舎に移って国学を称する。

1802年管生二人を首里から出る。尚温死ぬ                                                                                                                          


          

尚 成 (十六代) 1803年 享和3年              在位年1         寛政12年(西1800年=嘉慶5年)庚申10月18日降誕、尚温王の世子也、3歳の時父王薨去、四歳の時即位、同年12月26日薨去、在位1年。                                                                                   

尚 ?(十七代)              1804年 文化元年       在位年25      天明7年(西1787年=乾隆52年)丁未5月29日降誕、尚温王御弟尚哲の第四子也、18歳に即位。文化3年(西1806年=嘉慶11年)丙寅3月18日大婚、時に歳20、妃16歳。王は二夫人八

妻有り、御子は八男十七女有り、

1804年(北大洋航海記)出版される。英仏船頻りに来りて通商を行う。

1816年アルセスト号、ライラ号来流、

1818年バジルホールとマクレオードの琉球航海記出版される。

1824年泉崎村学校建てる。   


                               

尚 育 (十八代) 1829年 文政12年  在位年19          文化10年(西1813年=嘉慶18年)癸酉7月24日降誕、尚?王の御子也、23歳に即位、文政11年(西1829年=道光9年)乙丑9月12日大婚、時に歳17、妃16歳。

1828年尚育摂位。

1829年大島など三島の砂糖買入制

1831年新集科律を制定。

1832年松浦静山(保辰琉聘録)を著す。

1835年尚育就位、首里・泊に学校建てる。外国船頻りに来て互市を乞う。

1844年アルメール号宣教師2人残して去る。守衛方を那覇に置く。

1845年野菜肴有所付、節付、並びに代付帳制定される。

1845年宮古島平良に南北学校開く仏

                                                       


王統終焉             

尚 泰 (十九代)       1848年 嘉永元年       在位年32      天保14年(西1843年=道光23年)癸卯7月8日降誕。尚育王の第二子、6歳に即位。安政5年(西1858年=咸豊8年)戌午11月19日大婚、時に歳16.妃16歳。

1848年尚泰就位。

1849年(琉球語文典階梯)できる。

1851年(島津斎彬襲封)板良敷朝忠(のち牧志朝忠)中国語、英語での才能を発揮し斎彬から賞され異国通事に抜擢。

1853年福音書の琉訳できる。明治維新慶賀使派遣、台湾征伐有り、

1853年ペリー来流互市を乞う、薩摩人琉装にして、外交交渉の席に列する。

1854年ペリー3度目来琉、琉米修好条約結ばれる

1879年 明治12年

県令心得-(任期2ヶ月)松田通之那覇着。首里城にて廃藩置県を申し渡す。琉球藩を廃し沖縄県を置く。人口310,545人 UP廃藩置県より上に        古琉球見聞録、隋書琉球國伝、琉球創世記