県外からのお二人に挙式してくれる教会挙式してくれる神社挙式できるホテル レストラン
ブライダル写真 リング・ブーケ等クルーザーで挙式リンク集HOME

県外から沖縄ウェディングお考えのお二人に

沖縄で素敵なウェディング 。本土の南西に位置する国内では唯一亜熱帯気候の島…
どこまでも澄み切った,トロピカルブルーの海と珊瑚に囲まれた琉球・・・沖縄
それは日本、アメリカ、中国、古代琉球の文化が入り混じり、独特の沖縄文化を作り上げています。
まず、沖縄で結婚式を挙げようと思った場合、大きく分けると次の2つの方法があると思います。

1)一般的に(注)ブライダルエージェントと呼ばれる業者さんに相談して、借りるドレス、式場、そしてお食事会など全部まとめて手配から精算までお願いする方法.。ホテルなどに申し込みをする場合も、実際はそこと提携しているブライダルエージェントさんがすべて取り仕切ることが多いのが現状です。

ウェディングイメージ12)ご自分達で式場からすべてセットして、ドレスはご自分達で買うか、レンタルで用意するか。
 こう書くと難しそうに思えますが、教会、食事会をするならレストランはきっと親切に対応してくれるので、思いのほか簡単かと思います。 ウェディングドレスは、ネットで検索してみるとお解かりになると思いますが、皆さんの想像よりも安く購入できる場合が多いです。
これらは、どちらもそれなりのメリット、デメリットがあります。

1)の場合は予想外に費用がかさむ事が多いのですが、ご予算に余裕があれば、間違いなくプラン通りすすみ、手間がかかりません。
  でも、後で思っていたことと違っていたという事がないように、あらかじめ事前に来沖し、しっかり 細部まで打ち合わせをなさることをお勧めします。
2)の場合は、勿論事前に来沖する事が必須ですが、金額的にも安く上がり、思ったようなかたちで挙式できる可能性も高いはずです。
ちょっと手間がかかりますが、自分達の思い出を自分達で作るという楽しみ、そして満足感もあるはずです。






注: ブライダルエージェントさんとは、どんな仕事なんでしょう。
お二人の希望を聞いて、それにあったブライダルをセットしてくれます。相談に乗ってもらっても無料だし、教会の費用も、写真撮影、食事会、披露宴などの費用も個人で頼む時と変わらない場合がほとんど。
それなのに全国チェーンで展開している業者さんや沖縄でも何社か営業して業績も上げているようです。
 それでは何がエージェントの利益かというと、主にはドレスのレンタル料金がそれに相当します。 それ以外にも、会場から紹介のお礼の形でバックマージンを得たり、利用するカメラマンから利益をえたりする事がありますが、大きな割合を占めないのが普通です。 最近では、写真、美容なども社内でスタッフを用意して、ここからも利益を上げるケースが増えています。

利用する側からするととても便利ではありますが、実際の所、ドレスレンタル、挙式料、会場使用料、写真、メイク着付けなどすべて含まれる、比較的安い価格設定のパック、コース、セットなどと呼ばれる物を利用する場合は、どこまでがその中で利用できるのか、オプションは何がいくらなのかをしっかり把握してご利用になることをお勧めします。
ドレスの気に入ったものがセットやパックの中に無くて、気に入ったドレスを選ぶと、結構高額な追加料金がかかるケースが多く、一生に一度の事だからと容認してしまって仕方なく思っていたよりも高額な料金を払う事になり、後で後悔する事になるケースも少なくない ので、そのあたりのチェックもしっかりしましょうね。
(例:20万円ですべてセットされているパックで、ドレスが気に入らなくてパック外で選ばざるおえなくなり、15万円プラスになって結局35万円かかったとか)

沖縄系ブライダルエージェント
ビックブライダル
なんと言っても県内最大手。かりゆしグループのブライダル部門です。写真撮影に関してもなかなか。

ベルフォー
ここも以前から頑張って紹介業務をこなしています。

プリンス&プリンセス
小規模ですが、一日一組限定で対応しているようです。
千代田
以前写真屋さんだったのですが、エージェント業務にも力を入れてきて頑張っています。

モードマリアージュ
桂由美デザインドレスをメインにオリジナリティーのある企画もしています。

アン・ドゥ・フィー
写真とビデオも頑張っているみたい。エージェント業務もやっています。




内地系ブライダルエージェント
TUTU
全国的にリゾートウェディングを展開しているエージェントで、沖縄でもいくつかのホテルとタイアップして教会を作り、事業拡大中。
わたべ
ここも全国的展開を見せる大手のエージェント。沖縄では新しいですが、TUTUさんと同様の手法で県内に事業展開。
Copyright c2007 All Right Reserved since 2000  Present by Naicyar Kobayashi  
Home 戻 る 閉じる