石川角白(いしかわちんしるー)のサイト

写真・デジカメ・ガジェットが中心です!

2016年4月6日

1テラのハードディスクを誤フォーマットしてしまった。

EaseUSというソフトを使って一太郎と画像を復元する。

1 まずそのサイトへ跳ぶ。

http://jp.easeus.com/?ad&gclid=CjwKEAjw55K4BRC53L6x9pyDzl4SJAD_21V1PPXqzE2OSKcpuH5Q4GsxwRY_QV1t_hxk29nGWvfewxoCnHHw_wcB

"レビュー記事を執筆していただく方に、ライセンスキーを無料でご提供します。"

太っ腹な会社だな。

2 ダウンロードする。どれを選ぶか?

"データ復旧(technician版除き)"とある。

Data Recovery Freeを選ぶ。

3 インストール。もちろん問題無し。

4 ソフトが立ち上がる。指示に従うと次の絵が出る。

俺は何はともあれ一太郎文書を救いたいので"すべて"のチェックを外してドキュメントだけにチェックを付ける。

こういうソフトはどんなに強力でもかなり時間が掛かる。
"すべて"を選ぶなら半日ぐらいそのPCは使えないと考えた方が良い。

ここでつまづく人は多いと思う。

だいたいディスクを誤ってフォーマットするような奴は落ち着きが無い。

俺がそうだ。

5 ドキュメントを選んだ後は、落ち着いて右下の "次へ" をクリックする。

図のように"2. 紛失したファイルの場所を選択" の部分が青くなる。

ここで "紛失したパーテーション"にカーソルを置くと色が変わる。(カーソルを置かないと色も枠も出てこない)

それからチェックを入れる。

6 "紛失したディスクドライブ"にチェックを入れると "進入禁止標識" の 左上 にチェックマークが出る。

以後、この紛失ドライブ相手に作業するわけだ。

それから画面右下の "スキャン" をクリック。

7 勝手にスキャンした後、次の絵が出る。

当然そうなる。フォーマットしたんだからな。普通の復元ソフトはここまでのが多い。

8 画面下の "ディープスキャン"をクリックする。これからが大変だと、ハードディスク誤フォーマットのベテラン、俺は知っている。 

"ディープスキャンすると時間がかかる"という前置きが出てきて、画面虫眼鏡の周りのグルグル近くに

"5時間18分59秒

などと表示される。

本当にかかるんだよ。急いでできる時作業ではない。

さて続きは明日にしよう。